悩み①  空室を埋めたい。

テナント募集業務を管理会社に任せたい。

当社の専門スタッフにお任せください。

当社では、リーシング業務に精通した宅建取引士がテナント募集仲介業務を行います。テナント様の要望と、オーナー様の収益の確保を両立するご提案をいたします。

リーシング業務のフロー

【1】調査

周辺不動産の相場動向やニーズの調査、マーケットリサーチによる情報収集を実施します。
効果的なリーシング業務には、競合を緻密に調査することが肝心です。入居者に関心を持ってもらうためには、競合物件と比べた価値を、正確に知ることが重要になるからです。競合と入居者を徹底的に調査することで「空室が減らない原因」と、「競合と比べて有利な点」が見えてきます。

▼

【2】企画

リサーチ情報をもとに、「物件の売りは何か?」「テナントから見て、他の物件より優位な点、魅力的な賃貸条件は何か?」など、アピールできるポイントを検討し、募集戦略を策定、リーシング方針を立案します。

▼

【3】募集

自社外を含めた各種アウトソースを効果的に活用し、物件に合致した最適なリーシングを展開します。
      

悩み②テナント・マンション物件の賃貸管理を自分で行っているが、管理業務が大変で困っている

オーダーを自由にカスタマイズ可能!

建物の管理は、賃料管理、テナント管理、建物そのものの管理など多岐にわたり、労力のかかる業務です。それらの管理業務をすべて自身で行うことには限界がありますが、外部に一括で依頼するのは費用面で難しいとお考えではありませんか?
そこで当社では、個々のコストを洗い出し、オーナー様のコスト・労力両面でのご負担軽減となるようご案内いたしております。
費用が気になる方は原価コスト+指示命令・調整・業務確認費のオーダーでOK。
ご自分で管理される項目以外の一部業務を委託されるオーダーもOK。
もちろん全業務を委託されるオーダーも安心してお任せください。
                

悩み③今の管理会社の業務に不満があるが管理会社の切り替えが面倒。

忙しい方でも安心!スムーズな切り替えをお約束します。

管理会社を変更したいけど、切り替えの手続きなどが面倒で、そのまま継続しているということはありませんか?
確かに管理会社の変更が、オーナー様の期待水準を上回る保証はどこにもなく、会社選定に失敗し、かえって管理の質を悪化させる事態を招かぬよう費用対効果の事前検証が必要です。
当社では十分な検証期間を設け、納得いただいたのちに、オーナー様とテナント様、また現在の管理会社との間に、手続き上の混乱や認識のズレがなく、スムーズに移行できる体制をとっております。

管理会社の切り替え

1】調査

現状の管理内容の確認(現行契約書、仕様書、月次報告書等および現場調査)を行います。

▼

【2】策定

確認事項をもとにコスト等の条件を加味した管理方針のご提示いたします。

▼

【3】引継ぎ

現行管理会社との入念な引継ぎで、混乱を防止するために管理内容を細部にわたり調整します。

悩み④管理費が安くなったらサービスの質も落ちる?

質は落としません。「不要なサービス」を省いてコストカット!

無理のない現実的なコスト削減で、サービスの質を落とすことなく管理費を安くできます。
そのためにはまず、現在の業務内容を見直し、必要がない業務を省くことや、外注業務の利益付加率を低く抑えることが必要です。
業務を可能な限り自社内注化し、外注の場合は原価コストの提示、適正利益付加率の開示等により、オーナー様のご納得のもと、業務を開始させていただきます。

悩み⑤夜間のトラブルにも対応して欲しい

いつでも安心!24時間緊急対応システム。

オーナー様ご本人が管理をされている場合、日常的な対応に加えて、いつおこるかわからない緊急時の問題に全て対応することは難しいものです。当社の「24時間緊急対応システム」は、そんなお悩みを解決し、オーナー様に安心をご提供できるサービスです。
ビル・マンションでの設備不具合やクレームなど、お客様から緊急の要請にスタッフが迅速に対応します。

緊急対応の流れ

トラブルが発生。入居者様からの連絡を受けます。(対応窓口 24時間 365日対応)

▼

必要に応じスタッフが現場に急行します。(夜間対応スタッフが待機。365日対応)

▼

処置が完了。翌日所定報告書にて、処置内容を不動産会社様・オーナー様にご報告いたします。

悩み⑥テナントからの要望にも対応してほしい

要望やトラブルの窓口はおまかせください。

テナント様からのクレームや要望に対し、当社がオーナー様に代わって責任を持って対応いたします。各種有資格者、専門知識を持ったスタッフが在籍しており、賃貸借契約に係わる申し出の受付から、個々の生活上のリクエスト、ビル・マンションの設備トラブルに至るまで、あらゆる分野の緊急、個別な案件にも柔軟に対応することが可能です。

悩み⑦現在の管理人の対応に不満

管理の質にこだわった教育を徹底しています。

管理人業務は、オーナー様とテナント様との掛け橋であり、情報キーステーションとしての役割を担っております。管理担当者の指導の下、OJT(On-the-Job Training 職場で実務を行う従業員のトレーニング)や社内講習教育を行ない、現地では作業報告書、インスペクションシート等を駆使しビル・マンションにおける管理の質にこだわり、多くのテナント様が満足感あふれる高品質のサービスをご提供いたします。

悩み⑧清掃のレベルが低い

当社は高品質な清掃レベルを維持します。

清掃員のスキルや意識の違いから、清掃レベルに差があるとお感じになったことはないでしょうか。清掃業務は、単に美観の維持だけではなく、建材の保護、環境衛生の視点から作業することが必要であり、その建物の特性(用途毎の利便性や品位等の雰囲気)にあわせ、不動産の付加価値を高めるものでなければなりません。
当社では、管理担当者の指導の下、高い水準での品質均一化(誰が作業しても同様の美観を提供できる)を実現しました。